2008・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/29 (Tue) 050:確率(西原まこと)

偶然の確率とはよく言ったものだ 綿密な計画の必然

スポンサーサイト

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/29 (Tue) 049:礼(西原まこと)

礼儀として送られた物なので礼儀知らずに捨ててしまう

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/29 (Tue) 048:凧(西原まこと)

連凧のようにつながって飛ぶんだって思った 風は弱まる

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/25 (Fri) 047:ひまわり(西原まこと)

太陽に熱風にさようならを消えてゆく感情にひまわりの散る時

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/25 (Fri) 046:設(西原まこと)

もう何だかわかんない設備たちに囲まれて地下10階に眠り込む

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/22 (Tue) 045:楽譜(西原まこと)

ここに春の楽譜がみえています閉じ込める為のクリアファイルを

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/22 (Tue) 044:鈴(西原まこと)

鈴を、すずを鳴らそうトナカイの鈴 季節外れのクリマスソング

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/22 (Tue) 043:宝くじ(西原まこと)

あたらないはずだがおばさんが気さくな売り場で買う宝くじ

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/22 (Tue) 042:鱗(西原まこと)

拒否というわが身のせいであらわれた鱗の肌に涙をおとす

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/12 (Sat) 041:存在(西原まこと)

存在をかくして後をつけることの楽しみということの哀れみ

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/12 (Sat) 040:粘(西原まこと)

粘液の0.001ミリリットルが愛だとしても多いくらいだ

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/12 (Sat) 039:王子(西原まこと)

八王子ひとりの街になりました引越し先はまだきめてません

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu) 038:有(西原まこと)

どこまでも有意義であることは大切です そんなもん捨て去る

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu) 037:V(西原まこと)

Vサインなんて子供のやることだから最期のさいごに一度っきり

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/10 (Thu) 036:船(西原まこと)

船底に栓があること知りました抜いちゃえばいい簡単に ポン

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 035:過去(西原まこと)

忘れたい忘れるとき忘れました忘れればいいそんな過去など

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 034:岡(西原まこと)

ほんの少し疲れました藤岡弘探検隊に参加して遭難します

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 033:すいか(西原まこと)

すいか、すいか、ぶっつけてヒットエンドラン 痛がるまえに逃げる

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 032:ルージュ(西原まこと)

いまわたし必要のない感情と共に真っ赤なルージュを拭う

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/09 (Wed) 031:忍(西原まこと)

廃屋に忍びこみひとり凍えるように春のあらしを避けて

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/03 (Thu) 030:湯気(西原まこと)

コーヒーの湯気は消え去り生ぬるい液体としてのわたしが在った

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/03 (Thu) 029:杖(西原まこと)

魔法使いの杖が振られて一瞬に素敵なわたしになる わけない

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/04/03 (Thu) 028:供(西原まこと)

自供などするつもりない あの事はわたしと一緒に葬りさるのだ

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

西原まこと

Author:西原まこと
短歌を詠んでみたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。