2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/29 (Fri) 題詠blog2007のお題から。


013:スポーツ
今スポーツしてるわたし太陽に似合いのサングラス掛けて駆けて

014:温
温めてもあたためてもうまれない白い卵のざらついた殻

015:一緒
一緒なら何処?どこ?どこまでゆける海が落ち込む果ての手前

スポンサーサイト

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/28 (Thu) 題詠blog2007のお題から。

010:握
握力がおちていること知っていて掴もうとするでも逃げられる

011:すきま
あきらめた窓のすきまから入り込む二月の風の音に気づかず

012:赤
赤く染まる願いをかなえゆうぐれの遠いとおい空になるそらに

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/27 (Wed) 題詠blog2007のお題から。

007:スプーン
たぶんセットであったティースプーン 手にとる時の指先のふるえ

008:種
わたしきっとオレンジの花を咲かす 掌のグラジオラスの種

009:週末
ゆるやかな気持ちで過ごす週末の新聞配達の人のおはよう

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/20 (Wed) 題詠blog2007のお題から。

004:限
限界をしらせるための砂時計あと一粒ですべてが落ちる

005:しあわせ
しあわせを語るあなたの唇をみているだけでとてもしあわせ

006:使
使い方がわからない言葉がふえて 痺れるように両耳をおおう

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/16 (Sat) 題詠blog2007のお題から。


001:始
目を閉じて今よこたわり始まりの吐息あつい熱いのを知る

002:晴
晴れ見える瞬間のすきま滑り込むすべりこむように私うごく

003:屋根
猫たちに占有される空間を楽しんでいる受容する屋根

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/12 (Tue) 題詠blog2008に参加します(西原まこと)

はたして完走できるのできるのでしょうか?とても今はわかりません。でも参加させて下さい。よろしくお願いします。

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2008/01/17 (Thu) 安心。

安心をもとめる程にふえてゆく不安の為にもとめる安心

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/12/06 (Thu) 緩慢。

緩慢な電車のゆれに抱かれて他人のような顔の映る窓

シンデレラ昨日の私は消えました今のわたしがここに在るだけ

繰り返す嗚咽を今夜の夕飯のメーンディッシュに添える野菜に

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/30 (Fri) エピローグ。

エピローグ 顔のみえない俳優のカーテンコールは終わることなく

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/30 (Fri) 錠剤。

それ以上のんではいけない錠剤にみぎ手のひらは惹かれるように

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/30 (Fri) プロローグ。

プロローグ おなじ詩集に手をのばすその瞬間にふれた指先

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/24 (Sat) 季節。

わたしでも出来そうなことじっくりとかんがえてみるそんな季節だ

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/21 (Wed) 手袋。

てのひらにかすかに残る温もりにまだ手袋をはめないでいる

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/20 (Tue) くるくる。

くるくるとまわりながらハローって聞こえるような風の音にわたし

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/15 (Thu) あれ、かんたん短歌お休み?

昨日は一度に4首も出来て投稿も出来たので、
今日も、
と思った矢先に、
お休みになってしまったのですね。
一身上の都合なのですね。
元々開店休業中でありながら短歌を受け付けていらっしゃったのですから、
仕方がないと言えば仕方がないですけど……。
とても残念です。

*

そして、少し気になる。

>短歌コンテストの類いは、
>物理的な手間ひまもかかるけれど、
>「愛されたり憎まれたり
>感謝されたり恨まれたり」
>といった、
>精神的なことを
>引き受けていくのに
>力がいります。

具体的な事は書かれてないので、
文面からの想像だけど、
ルチェーレの主婦短歌で何かトラブルでもあったのかな?

*

さて、これからどうしよう。

再開を期待して、
短歌書きためておく?

時間は掛かるのかもしれませんが、
再開されること期待してます。

西原まこと

短歌 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

西原まこと

Author:西原まこと
短歌を詠んでみたいと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。